2010年04月01日

農家の戸別所得補償制度 開始

ニュース概要

『鳩山政権が農業政策の柱と位置づけている「戸別所得補償制度」が、4月1日から始まました。

・今年度、品目をコメに絞ってモデル事業として始まる
・生産数量目標に沿って作付けするコメ農家が対象(減反に協力している農家)
・コメを販売するすべての農家を対象(規模は関係ない)
・10アールあたり1万5000円が全国一律』

「政府の保護を受ける業種は必ず弱体化する。」
という法則があると言う噂がありますが、
「戸別所得補償制度」に関しては、どうなんでしょうね?

「作る米を減らせ!」と言われて、
言うことを聞いて減らした人達には、良い子だから補助金をあげよう。
と言うことですから....
貰う農家の方々は、嬉しいんでしょうかね?

思う存分に、米を作ると悪い子になると言うことですよね?
複雑な気持ちなんじゃないかな?
....
と疑問に感じた没落技術屋でした。

ニュースの元記事(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013558531000.html

↓応援御願いいたします。
にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
にほんブログ村
ラベル:個別補償 農家
posted by 没落技術屋 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

10年後の食料自給率目標は50%??

 「農林水産省は今後10年間の農政の在り方を示す「食料・農業・農村基本計画」の素案をまとめた。焦点の食料自給率については現在の41%から2020年度に50%に引き上げる目標を設定。
農家への直接支払いである農業者戸別所得補償制度などで1兆円程度の公費を投じ、自給率向上を目指すとしているが、実現へ向けた課題は多い。」

参照元;日経新聞→記事はこちら

農業従事者は高齢化して後継者が無く、どんどん離農しているのが現状です。最近、就農者が増えているような報道がされていますが、まだまだ少ない。補助金をばらまいても、焼け石に水と言う気がします。

工業立国・加工貿易立国としての日本も近い将来危ないですからね。
輸出できるものが無くなれば、今までのように食料を輸入することは出来ない。
食糧危機にならないよう、真剣に考えておく必要がありますね。


【用語解説】
農業者戸別所得補償制度

 農家の生産経費が、販売価格を上回った場合、赤字分を政府が補てんする制度。10年度からコメを対象に全国で先行実施する予定。
ラベル:農業
posted by 没落技術屋 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

LEDで野菜や花を育てる??

スタンレー電気は高出力LEDのメーカー
展示会で、植物工場での農産物生産に使うための
LEDユニットを展示している。

私の実家は農家であり、土から作物が育つのを子供の頃から
見てきていることもあり、人間の口に入る植物を工場で生産する、
というのには直感的に恐怖を感じる。

食品会社の不祥事が多発したことから分かるように、
企業はいよいよ苦しくなると、利益を守るために社会的に
許されないことを行うことがある。
植物工場を運営するのが企業である以上、
安全が確保できるとも思えない。

植物工場なる発想が出てきた原因について、本で調べたことがあるが、

ひとつは、農家が農薬を使いすぎて、消費者の信頼を失ったこと。
これについては、農業界は反省する必要があるだろう。

もう一つ見かけた理由が、
「土には微生物等がいて汚い」
土壌汚染の意味で言っているのなら話は分かるが、
土自体が汚いものだと言っているのなら、全く意味不明である。
我々生物は元々海や土から発生してきたものであり、
それを汚い、というのなら我々も汚いのだ。
日本人の行き過ぎた潔癖症から出てきた考えだろうか?

posted by 没落技術屋 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。