2010年04月19日

ボーイングの主翼に東レのカーボンファイバー?!

ボーイングの主翼に東レのカーボンファイバー?!

米ボーイングの次世代中型旅客機787の主翼と胴体に、
東レの炭素繊維が使われているそうです。

私には、カーボンファイバという名前のほうが馴染みがありますが、
テニスラケットの素材等に使われる、軽くて強い素材の代名詞ですね。
機体重量が1割減、燃費は2割改善とのことです。

遂に、炭素繊維は航空機にも使われるようになったんですね。
日本のメーカーの技術が世界の役に立っていると思うと、嬉しくなりますね。




↓応援御願いいたします。
にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
にほんブログ村
posted by 没落技術屋 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147051980
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。