2010年04月05日

SIMロック解除でソフトバンク株価下落

SIMロック解除?ソフトバンク株価急落

携帯電話の中にはSIMカードというものが入っていて、
ここに利用者情報が入っています。
これを別の携帯端末に入れ替えれば、そのまま使えるはずなのですが、
日本では、各通信会社が「SIMロック」をかけて、他の端末に乗り換えられないようにしています。

総務省が2日に、この「SIMロック」を解除する方針を打ち出したのですが、
原口一博総務相と、解除したくないソフトバンクの孫社長がツイッター上で
議論を戦わせてました。
(といってもツイッターは文字制限140字だから、激論にはならないですけどね...)

孫氏は、「ロックを解除すると4万円高くなる。日本はiPhone端末が世界一安いので、
     海外に横流しされると大打撃になる。
原口氏 「総務省からビジネスモデルを強制する事は無い。」

のようなやり取りでした。

要はソフトバンクは、携帯端末の初期購入費を安く抑えて、その後の利用代金で回収する仕組み
によって商売しているが、携帯端末を安く入手した後、利用料金の安い他社に乗り換えられたら
商売にならない、という事でしょう。また、海外に横流しされる可能性もある。

一体、どうなるんでしょうね?

この「SIMロック」解除の方針は、iPhoneを独占販売しているソフトバンクに
不利になるという観測が広がったらしく、ソフトバンク株は大幅に下がったとの事です。

没落技術屋は株には全く詳しくないのですが、
前週末終値比 93円安の2245円まで売られた、とのことです。



↓応援御願いいたします。
にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
にほんブログ村
posted by 没落技術屋 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | IT技術系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145695080
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。