2010年03月11日

茨城空港、いきなり赤字確定か?

茨城空港(茨城県小美玉市)が本日、開港したそうです。
羽田、成田に続く首都圏第3の空港として、格安航空会社(LCC)の就航を誘致したい構えとのことだが、
就航が決まっているのは、国際便は韓国・アシアナ航空のソウル(Seoul)便と、
4月に就航するスカイマーク(Skymark Airlines)の神戸便の2路線のみ。
すでに初年度2000万円の赤字が見込み。

 滑走路造成にかかった費用は約220億円だそうで....。

羽田、成田、仙台と、近くに空港があるのに
茨城空港が利用される見込みがあると思ったんでしょうか?
お役人さんのビジネス感覚って、どうなっているんでしょうかね?
しかも、JALが会社更生法で再構築の途中だし、
タイミングも悪いですね。

昨年の静岡空港もそうですが、
採算が採れる取れないという議論は無く、
ただ単に、あると便利だからという理由で作っているようにしか
思えません。

茨城空港の維持費もやはり、税金ですよね。



posted by 没落技術屋 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143395173

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。