2010年04月19日

ボーイングの主翼に東レのカーボンファイバー?!

ボーイングの主翼に東レのカーボンファイバー?!

米ボーイングの次世代中型旅客機787の主翼と胴体に、
東レの炭素繊維が使われているそうです。

私には、カーボンファイバという名前のほうが馴染みがありますが、
テニスラケットの素材等に使われる、軽くて強い素材の代名詞ですね。
機体重量が1割減、燃費は2割改善とのことです。

遂に、炭素繊維は航空機にも使われるようになったんですね。
日本のメーカーの技術が世界の役に立っていると思うと、嬉しくなりますね。




↓応援御願いいたします。
にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
にほんブログ村
posted by 没落技術屋 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイスランドの噴火、これは大変ですね

アイスランドの火山噴火で欧州の空港が閉鎖され、大事になっていますね。

航空便欠航により、ツアー旅行の中止、
出張に行けない、出張者が帰って来れない、
政治等の国際会議への影響、
本当に大混乱です。

今は、経済的な影響が大きいのですが、
近いうちに気候変動への影響が出てくるか、が心配ですね。

大昔、ローマ時代に、ポンペイが溶岩や火山灰で埋まった事件を
思い起こさせますね。
ポンペイの噴火はもっと凄かったんでしょうけれど。


4月17日 毎日新聞の参考記事
http://mainichi.jp/select/today/news/20100416k0000e030025000c.html?link_id=RSD05



↓応援御願いいたします。
にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
にほんブログ村
posted by 没落技術屋 at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。