2010年03月31日

昨年冬のボーナス、40万円割れ

昨年冬のボーナス、40万円割れ

昨冬のボーナスは厳しかったのですね。前年比9.3%減とのことです。
リーマンショックから大分時間が経過したが、じわじわと聞いてきているのでしょうか?

でも、2月の時間外労働時間は増加しているそうです。
厚生労働省は景気が持ち直している、と言っているようですが....
本当でしょうかね?相変わらず人を減らしたままだろうし....。

ニュース概要

『 厚生労働省の31日の発表によると、
2009年の年末賞与(ボーナス)は平均38万258円で、
現行方式で調査を始めた1990年以降初めて40万円を下回った。

厚労省は大幅減の理由として、「リーマン・ショック以降の景気低迷により、
収益の悪化した事業所が従業員のボーナスを抑えている」としている。

産業別では、

製造業が前年比14・8%減の43万7406円
サービス業が同12・8%減の31万5877円
卸売・小売業が同11・0%減の27万7112円
飲食店・宿泊業が36・8%減の6万7402円
鉱業が23・3%減の39万5182円

など

時間外労働 過去最大の増加幅(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013537161000.html

昨年冬のボーナス、初めて平均40万円割る(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100331-OYT1T00366.htm

2月現金給与総額は‐0.6%、21カ月連続の減少(朝日新聞)
http://www.asahi.com/business/news/reuters/RTR201003310040.html

posted by 没落技術屋 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。