2010年03月16日

NECエレとルネサス経営統合

『NECエレクトロニクスとルネサステクノロジは4月1日付で経営統合。
独占禁止法の審査を申請していた全地域で認可を得た。
中国での審査に時間を要していたが、本日許可が取れたため、両社は4月に合併する。
2社の単純合算で売上高1兆円超、東芝・半導体部門と肩を並べる規模になる。』

私も半導体製造装置メーカーにいたので、深く関わりがあった分野です。
日本の半導体業界も遂に ここまで来たか、という感があります。
最近は、装置の売り先の殆どが、台湾・中国です。
その辺からしても、日本の半導体業界に元気が無いのが分かります。

そう、決して良いニュースでは無いんですよ。
台湾や中国大陸の勢いに押されたため、
両社が経営統合して、重複する事業分野を整理し、
力を合わせて立ち向かうと言うことです。

大きな半導体メーカーが2社になる、ということですか?
あっと、エルピーダもあったか。
でも、寂しくなりましたね。
日本の半導体は、1980年代、90年代がピークだったんでしょうね。

↓応援御願いいたします。
にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
にほんブログ村




posted by 没落技術屋 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | IT技術系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。