2010年03月12日

LEDで野菜や花を育てる??

スタンレー電気は高出力LEDのメーカー
展示会で、植物工場での農産物生産に使うための
LEDユニットを展示している。

私の実家は農家であり、土から作物が育つのを子供の頃から
見てきていることもあり、人間の口に入る植物を工場で生産する、
というのには直感的に恐怖を感じる。

食品会社の不祥事が多発したことから分かるように、
企業はいよいよ苦しくなると、利益を守るために社会的に
許されないことを行うことがある。
植物工場を運営するのが企業である以上、
安全が確保できるとも思えない。

植物工場なる発想が出てきた原因について、本で調べたことがあるが、

ひとつは、農家が農薬を使いすぎて、消費者の信頼を失ったこと。
これについては、農業界は反省する必要があるだろう。

もう一つ見かけた理由が、
「土には微生物等がいて汚い」
土壌汚染の意味で言っているのなら話は分かるが、
土自体が汚いものだと言っているのなら、全く意味不明である。
我々生物は元々海や土から発生してきたものであり、
それを汚い、というのなら我々も汚いのだ。
日本人の行き過ぎた潔癖症から出てきた考えだろうか?

posted by 没落技術屋 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。