2010年03月06日

崖っぷちのトヨタ、これからどうする?



米国での2月のホンダ・日産の販売台数は伸びているのに、
トヨタは約9%落ち込んだ。
爆発的に売れていたプリウスの勢いにもブレーキがかかってしまった。

トヨタは否定しているらしいが、リコールの修理対応後に、
また「急加速」が起きたという報告もあり、相当厳しい状況に
置かれているのは間違いない。

トヨタ式生産システムによって世界一の販売台数となったトヨタだが、
気が緩んだための自滅か?
「何故?を5回繰り返す」という得意技を存分に発揮して
何とか復活して欲しいものである。

何が問題だったのか?それをどう改善していくのか?
それを世の中にハッキリと示せなければ、
トヨタの繁栄もここまでとなるだろう。

最近は明るい材料に乏しい日本経済にとって、
トヨタの失速は相当大きなダメージとなるだろう。
posted by 没落技術屋 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。