2010年04月25日

北海道へ戻ります

私の経済ニュースをお読み頂いている皆様

私は、最近脱サラしました。
北海道の実家に帰って今後のことを考えます。
そろそろ、実家に戻る時期となりました。
再就職も難しい時代ですね。
家業の農業を継ぐことも視野に入れて
考えねばなりません。

年老いた両親なので、当然インターネット環境はありません。
まず、そこから始めます。

フレッツ光が開設出来るまで、本ブログの更新はお休みさせていただきます。
お読み頂いている方皆様には申し訳ありません。
私の勝手をお許し下さい。

恐らく一ヶ月くらいかかると思いますが、
再開したら、また宜しく御願いいたします。

没落技術屋


↓応援御願いいたします。
にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
にほんブログ村
posted by 没落技術屋 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

今年の新入社員は安定志向

日本生産性本部の、2010年度の新入社員を対象にした意識調査の結果によると、

今の会社に定年まで勤めようと思っている人は57・4%
6年連続で過去最高を更新しているそうです。

「自分で起業して独立したい」と考えている人は12・8%
過去最低を7年連続で更新しているとのこと

厳しい就職難なので、止むを得ないことでしょうが、
「実力主義より年功序列が良い」とか、独立心が無いとか、
若い人に元気が無いのは寂しいですね。

今の日本の閉塞感がここにも表れているような気がします。


ラベル:安定志向 就職難
posted by 没落技術屋 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NTT光ファイバー通信事業は分離されるのか?

光ファイバー網は事実上NTTが独占していますが、

30%にとどまっている光ファイバー回線の世帯普及率を上げたい総務省は、
光ファイバー事業をNTTから独立させて競合他社が参入しやすい環境を作ることで
普及率を上げることも考えているようです。

ソフトバンクやKDDIなど競合他社も、参入したいので当然、
光ファイバー事業をNTTから分離独立させたい訳です。
中立な立場の会社に光ファイバーのインフラを持たせて、各会社がそこから回線を借りる形態になるんでしょうね。

NTTはもちろん「光回線事業の分離には時間とコストがかかる」と言って
抵抗しているそうです。

10年以上前だったか、ADSLが爆発的に普及したとき、NTTの電話回線網を競合会社に貸し出すとか、貸さないとかの議論があったように記憶しておりますが、そのときの状況と似ていますね。
NTTとしても苦労して育ててきた光ファイバー網なので、そう簡単に手放したくないでしょうね。
しかし、独占的なのは許されないので、いつかは競合他社に開放するんでしょうね。

毎日新聞の関連記事
http://mainichi.jp/select/biz/news/20100421k0000m020072000c.html

NHKの関連記事
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013509051000.html




↓応援御願いいたします。
にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
にほんブログ村
posted by 没落技術屋 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | IT技術系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。